ダウンロード (4).jpg


前回記事のその後がありますのでまずそれをご紹介します。

大家さんが自宅に押し掛けた翌日

妻は予定通りに市役所内にある消費者センターへ[ダッシュ(走り出すさま)]


まずそこで言われたのが、そもそも文章内容はさておき、

金額に不服があるのかということ。

本来は多額の費用を請求されたので相談というのが通常なので

まあ予想はしておりましたが、まずはそこでした。


正直、地震で破損した箇所の補修費用を請求されたのは

納得できないものの、契約書通りにやれば

もっと多額の費用を請求されても当然のことだったので

相殺すれば問題ないというのがこちらの結論なのでした。


ただやり方が卑劣なのと、文章の流れがおかしいだけなので

ここはある程度批判しながらも、提示を受けた形にしたのでした。


どうしたかと言いますと、まず、

消費者センターへ相談したところ、やはり地震で破損した箇所は

貸し主が負担すべき所と言われたと言及。


そして、そうではあるものの、大家さんの奥さんにはお世話になったので

そこは多目に見て支払ってあげる、的なものにしたのでした。


こうすることで、先に大家さんから受けた請求しないであげる的な

恩着せがましい内容を覆して、こちらから恩を着せる的内容にしながらも

これで清算終了にしてあげる的決着としたのでした。


が、そうはいっても相手は一風変わった老人夫妻。。

もしかすると、留守中に火を付けられては困る!

と、慌てて火災保険に加入して、旅行に旅立ったと言うわけなのでした[ふらふら]


まさかとは思うものの、あんな文章を平気で書いて

ベロベロ舐めながら紙をめくってそれを手渡すような人。。

昨今いろんな事件がありますから何があるかわかりません[exclamation×2]


でも、事なきを得たので良かった良かったです(^^;

スポンサードリンク


 カテゴリ

 タグ