ダウンロード (23).jpg



果たして別の夢なのかもしれませんが

夢の記憶はバスに乗っているところから始まります。


しかも私はそのバスの定期券保持者で

始発から途中までのルートは自由に乗り降りできます。


と、そこでバス関係者の声がどこからか聞こえてきます。

終点まで乗ると440円だが定期券だと○万円になり

高すぎるじゃないか[exclamation]と。


そこでふと料金表示を見上げると130円となっており、

バスは田舎道を走る都バスのような感覚でした。


ここで画面?はがらりと変わり

場所は居酒屋のような雰囲気の定食やさん。


そこで私は、とある男性(どうやら私の小学時代の友人?)と

横に長~いテーブル越しに向かい合って話しをしております。


そこへまたしてもスピリチュアルカウンセラー

江原さんが登場してきました(^^;

2度目のご出演ありがとうございますm(._.)m

スポンサードリンク





今回は私から見て左側からやって来て、

友人の右、私から見ると友人の左に座ります。


ここで正面の男性に、先日私が何か含みのある事を

言ったらしい事から、その事を江原さんに告げて

どういう事か教えて欲しいと聞いております。


その時に、私はさて困ったなぁと思っていたのですが

次の瞬間には江原さんは私の隣に座っていて

正面の男性の隣には別の霊能者がいたのでした。

むむむ、記憶が途切れたのか??


そして、江原さんが私の方を向いてじいーっと見つめると

○○のゆかりの方なんですってね?と聞かれ

何故か私がどぎまぎしていると、向かいの二人組から

何か茶々を入れられ、更に困ってしまいます[ふらふら]


そうしたら、江原さんがすかさず

お二方とも△△の末裔ですよね?

と含みのあるような言い方で釘をさしてくれ、

それを受けたとたん二人ともギクッとして黙りこんだのでした。


そこで、ホッとした私は『教えて欲しいことがあるのですが

と江原さんに告げたのですが、

即座に『それは霊界相談所?でお聞きなさい』との答え。


さて、そこへは自力で霊体をそこに持っていかなければならず

(何故かそうだと知っております(^^;)

果たして出来るかなぁ』とボソッと呟いたのでした。


さて次の瞬間には、江原さんが

鎌倉時代のとある有名な方の子どもを暗殺して

その父親が行方不明だったことについて

黙って霊視を始めたのでした。


そして、その時の暗殺に使われた矢じり3本を

座っている自分の両足のももにおいて

(なぜそんなものがあるのか?は夢だからです(^^;)

じっとして感じ取ろうとするのですが、


突如『ダメだ!感情が強すぎて読み取れない!

と叫んで断念します。

いったい何を読み取ろうとしていたのか?


たぶんその父親の足どりを

読み取ろうとしていたのだとは思いますが。

スポンサードリンク





さて、場面はまた変わってとある部屋への玄関先です。

これから江原さんと私を残して、

残る2人がそのお宅を訪問する予定ですが

なぜそこを訪問するのかは覚えていません。。


そして、玄関から2人が入りますと、

我々は外で待機するのですが、


その家主である女性がお茶を作りに

玄関近くまで家の中を歩いて来た時の事。


何故か玄関近くの壁が透けていて(又は無い?)

その玄関近くの台所の隙間に女性の姿が現れたので

慌てて隣りの(部屋?)へ江原さんと移動したのでした。


さて、逃げ込んだその部屋は和室になっており、

右側が障子戸で開いており、

正面には何故か小さなガラス窓がついていて

そこでその女性がお茶を作っております。


あれっ?逃げたはずなのに、なぜ?

とは何故か思っていませんでした。

が、その女性がこちらを向きそうになったので

慌ててガラス戸に脊を向けて畳に這いつくばる私。


でも江原さんは立っておりました。。


その瞬間、その私の姿を見たのか、

女性はその部屋の左、後と早歩きで移動し

右側の戸が開いている側に現れました[がく~(落胆した顔)]


そして、部屋にスタスタ入り込むと私に近づき

そのまま私に抱きついて頬にキスをすると同時に

何かをささやきます。


どうやら魔法か呪いのようなものらしく

フッと魅惑的な気持ちが沸き上がったのですが

そのままその気持ちを放置しておくと

自然に抜けていったのでした。


つまり呪縛にはかからなかったというわけです。


そしてそこで目が覚めたのでした。

相変わらず思い出しながら、背中がぞぞーっとしましたが


再度眠りに入ると、どうやらその続きの夢を見たようで

それはどうやら、その女性も含めて

どこかへ何かを挑みに行ったようなのですが、


残念ながら、朝の忙しい時間だったために

全く記憶には残りませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

相変わらず飛びすぎの物語で申し訳ありませんm(._.)m

が、夢ですのでご勘弁を。。

スポンサードリンク




 カテゴリ

 タグ